2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クラブは違えど、プレミアへ借りを返しに
- 2010/09/22(Wed) -
最後の粘りとレディングの自爆(ほとんどレディングのおかげ)で昇格を果たしたドンカスター


現チームはとてもプレミアで戦える戦力ではないので


新シーズン開幕の前にまずは戦力を強化しなければならない



さて、チーム目標と補強費、賃金は・・・・・・・・・?



シーズン目標



  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



補強費と賃金のバランス悪すぎだろ・・・・・

いろいろ突っ込み所あるけど・・・・・

でも降格回避で4,1Bも使えるなんてすごいね

ポーツマス時代からすると夢のようだ、有効に使わせてもらうよ






人員整理のため合計6人を放出


ウィルソン

ウェブスター

スパイカー

チェンバース

へフェルナン








へフェルナンとスパイカーは放出した後ちょっと後悔、へフェルナンは出来れば置いておきたかったのですが

2人ともフリーになるし、ソリアーノがフォワードが多すぎる!と不満を持ってしまったので年齢の事も考えて仕方なく放出

スパイカーはこれからの年齢でリーグワンに移籍となったので少しかわいそうでした

へフェルナンはプレイオフを勝ち抜いたカーディフに移籍しました、直接対決もあるよ!

何、5人しかいないって?後でわかるよ!




新戦力
4,1Bと補強費をもらったので思う存分補強


まずは買取オプションを使い140Mでジロード
オリヴィエ・ジロード
ジロード

うれしいこといってくれるじゃないの
でも実は昇格前に出したらジロードに断られました、昇格が決まったとたんこれだよ



シャレウム・ロガン
ロガン
マンチェスター・シティからフリーで獲得
チェンバースを放出したのは彼を獲得できたため
イングランド人は多いほどいいね


ジョー・マトック
マトック
ウェストブロムから900M+選手交換で獲得
非常に欲しかった選手の一人なので、獲得で出来て嬉しい
交換されたのはバックアップで取ったのに

    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < ヤダヤダ!試合出たい!
       `ヽ_つ__つ
              ジタバタ

と言っていたデイヴィッド・マーティン、6人目の放出者です
マーティン
ウェストブロムにはスコット・カーソンがいるんだよ、マーティン・・・・・・


ジェム・カラカン
カラカン
レディングから1Bで獲得
チャンピオンシップでやられ放題でしたので、強敵を味方にしました。センターで非常に能力の高いトルキー
昇格奪っただけでなく中心選手まで取るとは・・・・・ごめんねレディング


ジュニオール・スタニスラススタニスラス
ウェストハムから1Bで獲得
サイドからウィングからストライカーまでできる、インランド期待の若手。ウェストハムも出すなよ・・・


アルヴィダス・ノビコバス
ノヴィコバス
ハーツから775Mで獲得
左のサイド、ウイングとして期待。スコットランドのハーツ所属のため、英語も問題なし


ディーン・ブーザニス
ブーザニス
リヴァプールから放出されていたのでフリーで獲得
マーティン移籍のため獲得




            \     _n         グッジョブ   /
              \   ( l     _、_       /
               \   \ \ ( <_,` )    /
                 \   ヽ___ ̄ ̄  ) /
   _、_  グッジョブ      \    /    / /  _、_   グッジョブ
 ( ,_ノ` )     n        \∧∧∧∧/   ( <_,` )     n
 ̄     \    ( E)       < の  グ >   ̄     \    ( E)
フ     /ヽ ヽ_//        <      ッ >  フ     /ヽ ヽ_//
─────────────< 予  ジ >───────────────
   ∩               <      ョ >
   ( ⌒)       ∩ グッジョブ < 感  ブ >       |┃三     話は聞かせて
   /,. ノ      l 'uu       /∨∨∨∨\      |┃  ガラッ    もらった
  / /      / /"    /         \     |┃ ≡   _、_   グッジョブ
  / / _、_   / ノ     /    グッジョブ   \  |ミ\__( <_,` )
 / / ,_ノ` )/ /    /|    _、_     _、_   \ =___    \
(        /     /\ \/( ,_ノ` )/( <_,` )ヽ/\≡   )   人 \
 ヽ      |   /   \(uu       /     uu)/  \





いい補強できたんじゃないですか

サイドに選手居すぎなような気もしますが・・・

あとセンターバック補強したくて真っ先に取りにいったんですが



ダビド・ウェザー インテルに取られちゃいました
ウェザー

オファー出したとたんにインテルやその他チームからオファー

インテルに勝てるはずもなく・・・・・

センターバックは鬼門となりそうです




メンバー表

↓名前をクリックすると選手の顔と能力が見れます

1. Danny Wintjens GK ハイボールの扱いはお任せ、PKストッパーとしての一面も。守護神
35. Gary Woods GK 今年は第2GKとして成長してほしい
5. Sam Hird  DC 守備面は問題ないのだが、足が遅い。ぶち抜かれる場面を何度も見た。でも主力
23. Shelton Martis  DC スピードも持ち合わせるセンターバックだが、プレミアでは守備面に不安
25. Khalifa Sankaré  DC 体の強さは通用するが、ボールを持った時立ち止まる場面が目立つ
2. Shaleum Logan  DR 今季補強。フィジカルの強さをいかして、守備からオーバーラップまで。パスの下手さはご愛敬
21. James O'Connor  DR ロガンが加入したが、ロガンの出来次第ではファーストになるかも
3. Joe Mattock  DL 今季補強。守備、攻撃ともに大きな期待
29. Olukorede Aiyegbusi  DL エスパサンディンとバックアップを争う。昨季は終盤バックアップへ
32. Víctor Espasandín  DL 意外にも安定した活躍。バックアップという立場で我慢できるか
6. Abdou Traoré  CM 昨季の主力。守備だけでなく、アシストのひとつ前の決定的なパスを出せる選手
7. Jem Karacan  CM 万能という言葉がふさわしい。昨季はレディングでゴール、アシスト2桁を記録
8. Brian Stock  CM 昨季は17アシストでチームアシスト王。体で負けなければ今年も活躍できるはず
14. Andreu Fontàs  CM 成長を見せる選手。だがカードをもらうことが多く、気性が荒く無理なタックルをすることも
15. Junior Stanislas  MR 今季補強。決定力を併せ持つイングランド期待のドリブラー
17. James Coppinger  MR 一人で突破できるウイング。プレミアでは平均的な選手になる
27. Kari Arkivuo  MR 昨季は大事な試合で活躍、プレミアではスタメンは厳しい。昨季は3~4回怪我をした
12. Martin Woods  ML 鋭いシュートを見せるが昨季ゴールはゼロ、能力のバランスはいいのでローテで出場へ
26. Arvydas Novikovas  ML今季補強。左サイドの主力として獲得。若いので成長にも期待
24. Dean Shiels  AM 両サイドもできる選手。プレミアでは活躍できるか未知数
9. Olivier Giroud  ST 昨季のチームMVP。当たり負けはしないと思うので、どこまで得点力を発揮できるかがカギ
11. Jonathan Soriano  ST 昨季は終盤怪我で離脱。ライン型のフォワードが少ないので出場も増えるだろう
18. Waide Fairhurst  ST リザーブでは活躍できるのにトップチームではイマイチ。今季は上で多く使ってあげたい
20. Benjani  ST プレミアでの実績は申し分なし。33歳になるので衰えが心配
22. Olivier Occean  ST 昨季は終盤昇格を助ける働きをしてくれた。プレミアではどうか
Dean Bouzanis  GK 今季補強。フリーだが、能力には光るものを感じる
Charles Fisher  DC センターバックでやるには身長が低い。厳しいか
Paul Leonard  DC 枠の関係で背番号なしになったが、トップチームで使う予定。ドンカスターの未来になるか
Abdi Ibrahim  MC 基礎能力は備わっている。活躍出来るか
Robert Clarke  MCもうひとつ底上げがあればバックアップで使える選手。
Josh Morris  ML スキルの面で今一つ。様子を見て見よう
John Guidetti  ST 昨季は全体的に成長を見せる。もはやリザーブの選手ではない



今回は以上です、メンバー表作るのは少し疲れます、2,3回間違ってもどっちゃったので・・・

次回、初戦いきなりマンチェスター・ユナイテッドだよ!
スポンサーサイト
この記事のURL | FM2010ドンカスター11-12 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<つまらん!お前の戦術はつまらん! | メイン | 対ユナイテッド戦>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://queenfm.blog135.fc2.com/tb.php/19-e1269e72
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。